オーストラリアとイギリスの留学・ワーキングホリデー情報サイト
自分のために、自分らしく・・・Be 留学

Home
初めての方へ
プロフィール
コミュニティー
サイトマップ
お問い合わせ
Be留学
Main
イギリス
Other
Support
Contact
Contents
HOME >> イギリス TOP >> イギリス Be! 情報
   
 冷房     信号     喫煙・タバコ 
 毛布     天気     服装  
冷房
イギリスに来て、一番最初に気づいたこと。冷房がほとんどといっていいほどない! その頃はちょうど夏なので気づいたことだと思うけど、多くのオフィスやお店ではなんと扇風機を使ってる。冬が寒いってのは有名だから暖房の設備はすごくしっかりしてるんだけど、冷房ってのをイギリスに来てからあんまり見かけない。
オーストラリアでも日本でも会社や店で扇風機を見ることがなかったからすごく違和感がある。そんなに冷房をかけるほど普通は暑くないってこと?? 
信号
イギリスの信号、赤から青になる前に赤+黄色になる!
実際何のためなのかよくわからないのですが、車を運転してると"今から青になるぞ"ってのがよくわかる。ちょうどレースしてるみたいな感覚。 "秒読み開始!"みたいな感じ。なんでこういうシステムになったかは調査してないけど、ちょっと便利。
喫煙・タバコ
イギリスでは結構喫煙できるカフェやレストランが多い。日本と同じ、とまではいきませんが、禁煙席が設けられていてレストラン内でも喫煙OKなところがほとんど。でも一応周りの人に承諾を得てから吸うようにしましょうね。
タバコの値段はとてつもなく高い!! ただ、オーストラリアと同様、買う場所によって値段が変わるのでスーパーで購入するとちょっとお得。 値段は20本入り約3ポンド70ペンス〜。ヨーロッパに旅行するときに免税店で買うのが一番お得かも。
そして、タバコは1箱、1カートンと"箱"や"カートン"単位ではなく、なぜか"本数"で呼ばれる。例えば、タバコ1箱(20本入り)を買いたいときは、"xxを20本ください"といった感じ。不思議な習慣です。
毛布
ここマンチェスターに移ってもうすぐ3ヶ月(2003年11月)。寒い冬をいつでも迎えられるように来てすぐに毛布を探し始めたんですが、実はまだ見つかっていません。日本やオーストラリアでは意外と簡単に毛布なんて見つかるのに、ここではちょっと違うようです。
何軒か毛布を扱っている店を見つけたんですが、全ての店が1ブランドのみ扱っていてしかも高い(ダブル、35ポンド)。そんなに毛布にお金をかけたくない、とお手ごろ価格のものはないか・・と探していましたが、見つかりそうにないです。
店員さんに聞いてみたところ、"ヒーターや厚手の羽布団を使うから毛布はメジャーではない"らしい。毛布探しはあきらめてお手ごろ価格の羽布団(Duvetと呼ばれます)を探し始めることにしました。
天気
"1日の中で四季がある"と言われているイギリスの天気。"四季"とまでは言えませんが、確かにコロコロ1日の中で天気が変わります。
天気予報でも、晴れと曇りと雨のマークが同時出現!!ってパターンも・・・。そんな天気だからこそ便利なのが、フード付のコート(ジャンパー)!! 風の強い日や、傘持ち歩くのも荷物になってイヤだ!! という方には必需品です。実際に私の周りでも"フード付"着てる人、多かった・・・(イギリスでもオーストラリアでもよっぽどの雨が降らない限り、あまりみんな傘をささないのです)。
特にイギリスの中でも、雨が多いと言われるマンチェスターでは、とっても便利なのです。
服装
これはオーストラリアでも同じ。色々な人種がいるからなのか、街歩く人の服装は様々。同じ場所で、コート着てる人もいれば、半袖日照る人もいる、しかもそれを"変だ"と思う人はいないのです。
そして、オーストラリアでは(イギリスに比べたら)それほど寒くなかったから気付かなかったけど、夜遊びに行くときのみんなの気合い度はすごいっ!! 真冬でも夜のマンチェスターにはノースリーブにミニスカートの女の子達がたくさん。私もノースリーブあたりはなんとか着れた(でも上着は必要だった・・・)けど、ミニスカートはやっぱりムリだった。
周りの女の子全員ノースリーブで、私だけセーター着てた時(めっちゃさむかったんです)は、さすがに友達全員(男女含む)に"sexyじゃない!!"って言われてしまった・・・。
お問い合わせ
Links
ゥ Copyright 2003 - 2007 [ Be 留学 ]