オーストラリアとイギリスの留学・ワーキングホリデー情報サイト
自分のために、自分らしく・・・Be 留学

Home
初めての方へ
プロフィール
コミュニティー
サイトマップ
お問い合わせ
Be留学
Main
留学・ワーホリ
Other
Support
Contact
Contents
HOME >> 留学・ワーホリ TOP >> 留学・ワーホリ中 アルバイトをする (part 6)
 
留学・ワーホリ中 アルバイトをする

留学・ワーホリ中 アルバイトをする (STEP 10 - 6/8 ページ)

アルバイト探しの3つのキーワード (あきらめないこと・体験談)

1 オーストラリアに行く前に、日本でブライダル関連の仕事をしていたこともあって、まず最初は、現地と日本企業のブライダルの求人を見れば、手当たり次第に電話。
 履歴書を持って面接行ったら、まずほとんどがビザの条件でダメ・・・
やっぱりワーホリとかじゃなくて、現地在住かせめて学生ビザの人を採用したい、という会社が多い。
そして、英語力・・・やっぱりね、とは思ったけど、足りないって言われた。確かに・・・。

2 ブライダル関連をあきらめて、新聞の求人欄でアルバイト探しスタート!!
新聞を見て気になるバイトがあったらtel攻撃。
最初は、とにかくドキドキしてた。一通りのセリフを書き出して、まず台本読みのような口頭練習。
電話での英語がすごく難しい!!って実感したのが、この時。まず、聞き取れないっ!!

普通に面と向かっての会話もこの頃はままならなかったから、当然と言えば当然。
でも、『電話で英語のレッスンをタダで受けられる♪』くらいの気楽な気持ちでトライしてみた。
実際に電話して、電話での英語力をみられて(多分・・・)、『求人枠がもう埋まった』、『英語力が足りない』と断られたのが、だいたい95%以上。
『履歴書をまず送ってくれ』といわれたのが、だいたい3%。でも、住所を聞くのにかなり手こずった・・・綴りも番地の数字も担当者の名前も1回や2回じゃ聞き取れなかった・・・。それで断られたのが、2件ほど(涙)。

で、面接までなんとかたどりつけたのは、たったの2%ほど。
それでもやっぱり面接したら、断られた・・・で、全滅っ!!
何度も泣いたし、日本に帰ろうと思った。
英語がキライになって、本当によく聞く『言葉の壁』って言うのを感じた。

続きは、次のページへ。

前ページへ      1 > 2 > 3 > 4 > 5 > 6 > 7 > 8     次ページへ
(3つのキーワードの3つ目へ)                      (バイト探し奮闘記・続きへ)


【 関連ページ 】
       探していることは見つかりましたか? 見つからなかったら・・・
            ⇒ サポートフォームを使ってみよう!  【サポート】 へ

お問い合わせ
Links
ゥ Copyright 2003 - 2007 [ Be 留学 ]