オーストラリアとイギリスの留学・ワーキングホリデー情報サイト
自分のために、自分らしく・・・Be 留学

Home
初めての方へ
プロフィール
コミュニティー
サイトマップ
お問い合わせ
Be留学
Main
留学・ワーホリ
Other
Support
Contact
Contents
HOME >> 留学・ワーホリ TOP >> 留学・ワーホリ中 その後
 
留学・ワーホリ中 その後

留学・ワーホリ中 その後 (STEP 11)

ワーキングホリデーの場合は、12ヶ月後。留学の場合は、数ヵ月後もしくは数年後。
海外に住む方は一度でも必ず考えなきゃいけない、今後のこと。
このまま滞在するか、日本に帰るか。または、私みたいに他の国に行くか。

どの選択肢を取るにしても、留学・ワーホリ中に、今後のためにある程度下調べや、準備をしておいた方がいいと思います。

そのまま海外に住む場合と、日本に帰る場合に知っておいて欲しいこと、やっておいて欲しいことは↓

 ビザのこと
色々な種類のビザがあります。
そして、ビザの条件や申請方法は、よく変更になります。

多くのビザコンサルティング会社が、永住権や就労ビザの取得サポートをしていますが、自分でもある程度のレベルまではしっかりと下調べをしましょう。
そして、コンサルティング会社を利用する際には、その会社のこともしっかり調べて、信用できる会社かどうか、見極めることが必要になります。

 仕事のこと
ビザの種類によって、できる仕事の範囲が変わってきます。
ビザにより、採用を決める会社も少なくないので、ビザのことをしっかり考えてから、仕事のことを考えましょう。

正社員(フルタイム)で働くとなると、条件は、アルバイト以上に厳しくなります。
特に、就労ビザの取得をしようとお考えの方、その会社の求める人材条件だけでなく、ビザ取得のために、あるレベルの経験・英語力・学歴が必要となります(職種によって異なります。)

 TOEICのこと
オンラインで申込みできます。日本に帰るならTOEICです。
英語力は、みるみるうちに落ちてきます。1週間でもだいぶ落ちます、英語レベルが低ければ低いほど落ち方は早いです。
落ちる前に、少しでも高いスコアがとれるうちに、TOEICを受験しておきましょう。

 就職活動のこと
オンラインでも全然問題なくできます ⇒ 海外でも日本帰国後の就職のための活動ができるのです。
興味のある企業に求人があるかどうかメールで問い合わせてみるのもいいかもしれません。

また、今は数多くの就職や転職サイトがあり、そのサイトでも求人を定期的にチェックすることができます。
サイトによっては、登録されしておけば、定期的に求人情報をメールで送ってくれたり、あなたの履歴書や職務経歴書を登録し、企業からのアプローチを待つ『スカウト登録』が利用できます。ぜひ、利用してみてください。

STEP11まで終了です。 あなただけの留学・ワーキングホリデーの計画・実行に役立ちましたでしょうか?
このステップは、あくまでも一般論です。あなたに合った留学やワーホリにするために、出来ること・やらなきゃいけないことは
まだまだ残っているかもしれません。
不安な方、わからないことがまだ解決していない方、【サポートフォーム】を使ってください。


(STEP10へ)                                  (【留学・ワーホリ リンク】へ)


【 関連ページ 】
       探していた情報は、見つかりましたか? 見つからなければ・・・
            ⇒ サポートフォームを使ってみよう!  【サポート】 へ

お問い合わせ
Links
ゥ Copyright 2003 - 2007 [ Be 留学 ]