オーストラリア、イギリスに留学★ワーホリするなら・・・Be留学
Home
初めての方へ
プロフィール
コミュニティー
サイトマップ
お問い合わせ
Be留学
Main
オーストラリア
Other
Support
Contact
Contents
HOME >> オーストラリア TOP >> オーストラリア 生活情報
   
オーストラリア生活情報
 オーストラリア人   オーストラリア料理  お手軽多国籍料理
 電話・インターネット    
オーストラリア人
多民族国家オーストラリア。今では世界中でも珍しい少民族国家の日本で"日本人"と言われてもさすがに金髪で肌の白い人を思い浮かべる、ということはなかなかないでしょう。ところがここはもともと移民の国、さまざまな人種によって社会が構成されています。現在、140カ国以上から移民の受け入れをしているそうです。

では誰がオーストラリア人なのでしょうか?
1. 親や親族が他国からオーストラリア移住、本人はオーストラリア生まれ
2. 本人がオーストラリアへ移住し、こちらにて市民権(オーストラリア国籍)を取得

というわわけで外見のみでは国籍というのはわからないのです。ちなみに2001年の世論調査では、全人口の23%がオーストラリア以外で生まれているそうです(アメリカは11%程)。 私の友達もオーストラリア人ですがもともとは中国より両親がこちらに移住、彼はオーストラリアで生まれています。というわけで見た目はアジア人なのですが、話せるのは英語のみの(本人たちはすごく残念がっていますが)れっきとしたオーストラリア人。 実は25%以上のオーストラリア人の(少なくとも)片親が海外で産まれています。学生がホームステイを申込み、アジア人(外見)の家族だからイヤというのはこちらでは常識から外れているわけです。

ちなみに英語以外の言語を家で話すオーストラリア人は240万人以上。そのうち、80万以上がヨーロッパ言語を、約80万がアジアの言語を話します。

オーストラリア料理
上記から想像できるようにオーストラリア料理というのは多国籍料理、または多国籍料理とオーストラリアの新鮮な素材をミックスした新しい料理(モダン・オーストラリア料理)ということになります。
日本からの移住者が日本の料理を恋しがるのと同じ様に、他国からの人も祖国の料理を食べたいと思うわけです。なので、こちらのレストラン等は実際にその国から来てる方が食べたいと思う料理をサービスするところが多い。

日本食レストランであれば日本的雰囲気の中、日本人のシェフが日本食料理をお客様に食べて頂くという方法を取っているのが大半です(中には、他の国の料理を作ってそれらしく売ってることも・・・)。ってことはそれぞれの国の料理をおいしく食べれる国でもあります。
各国レストランの種類は挙げたらきりがないほど!! 世界中の料理をオーストラリアでぜひ!!

お手軽他国籍料理
料理の世界1周旅行が楽しめる、と言っても過言ではないほど、いつでも各国の本格的な料理を楽しむことができます。ただ、1人でレストランには行きたくない、とか、レストランは高いから行けない、という方にはフードコートがオススメ。すし、パスタ、ピザ、サンドイッチ、焼きそば、ケバブ等、気軽にお得な料金で多国籍料理を楽しめます。

旅行者にも留学生にもオススメ!! シドニー市街にもフードコートはそこら中にあって、だいたい6ドル50セント(約450円)でお腹いっぱいになるほど食べれる。大きさも種類も色々あって、自分のその日の気分で楽しめちゃうのがウレシイ。 お昼時間には学生や地元の人たちで込み合うので12時半から2時の間だと席が見つからないことも。そんな時には、お持ち帰り(take away)を頼みましょう。ほとんどの料理をお持ち帰りすることができます。
天気のいい日にはお持ち帰りを頼んで、近くの公園の芝生の上で昼ご飯、ということもこちらではよく見かける光景。 毎日違う国の料理を緑がきれいな芝生の上で楽しむ、オーストラリアに来たら是非経験してみてください

電話・インターネット
日本では通話時間が長くなるのに応じて料金が課金されますが、オーストラリアでは1通話25セント(市内通話)で何時間でも話せます。 (公衆電話の場合は40セント)。
・・・ということは、1回市内電話をかけたら1秒話してても24時間話しても料金変わらず。ちなみに家の固定電話は、landlineと呼ばれています。

だからインターネット利用する人にとっては接続時間を気にする必要がないので大助かり。ただ、一度接続すると回線が切れるまでそのまま放っておく家庭も多い(家もそうでした)・・・。
電話をかけても話し中の場合は携帯に電話して接続を切ってもらうか、メールを送って電話したい、ということを伝えるのが無難。接続切ったあとに、何か思い出して、結局また繋げなきゃならない、ってこと結構あるんです・・・。

お問い合わせ
Links
ゥ Copyright 2003 - 2007 [ Be 留学 ]